2010年10月25日

はなこ…さよなら。



   IMGP1873.jpg 笑顔の可愛いはなこ。



   IMGP1909.jpg 可愛くて、ユニークで、おちゃめなはなこ。



   DSCF9260.jpg 穏やかだけど食いしん坊のはなこ。



   IMGP1903.jpg オヤツを追うはなこの真剣な目!



   IMGP1904.jpg オヤツはお手手ごとかぷり!



   IMGP1857.jpg みんなでわらわら楽しかったね。



   
サンタの甥っ子くんの相棒、はなこがお空へと旅立った。
去年の12月「悪性リンパ腫」と告知され、闘病を続けてきたはなこ。
つい最近まで、食欲もバッチリ! イキイキとしてて「本当に病気なの?」と
周りをビックリさせてた。
9月にはめでたく13歳のお誕生日を迎え、次は紅葉、そしてお花見も…なんて。
大好きな家族と過ごして自分でその時を決めたみたい。
スゴイ子だよ、はなこ。立派だった。



   IMGP1911.jpg 「たろう&はなこ」いい雰囲気のふたり。



はなこがいなくなる事は本当に寂しいよ。
でもさよならなんだね。
はなこに出会えて楽しかった、幸せだった。
気を付けて行くんだよ。
また必ず会おうね、約束だよ。



   7820b592450b2dee6be2599ff066bf15.jpg 「うんうん、とっても可愛いよ♪」

↑ 写真「たろはな家のいぬびと」より。







posted by でめきんとと at 22:32| Comment(2) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

たろはな家に襲撃!



お仕事の合間を見て、お友達?親戚?のたろうとはなこに会いに行って来た。
たろうはサンタのお姉ちゃんか妹ちゃんの子で12月に14歳になる男の子。
はなこはたろうの相棒、13歳目前の女の子。
ふたりには田舎のおウチと都会のおウチとふたつあってね。
新しく都会におウチを建てて引っ越しするはずだったのだが…
田舎暮らしが好きなたろうと、引っ越し間際で病気を発症してしまったはなこの
通院のために住み慣れた田舎と新しい都会のおウチを行ったり来たり。
ふたりは毎週プチ旅行気分を味わってる。


今日は都会のおウチにいると聞きつけて襲撃しただよ。
新しい都会のおウチはシニア犬のたろうとはなこのための工夫がいっぱい!
まずはガレージの床に感動の小細工。


   DSCF0210.jpg ふたりの足型から採った足跡。


おウチの中はどこもかしこもバリアフリーだわさ。
そして足腰が弱ってくると思われるふたりのために…


   DSCF0211.jpg エレベーターだぜ!



そして、そして。
さぁ、心の準備をして下さいまし!


   DSCF0213.jpg ま、ま、まさか!!!



   DSCF0295.jpg 
              そう、プールですがなっ!!! (゜.゜)


しかもココ、エレベーターで上がってきた3階なんですわ。
水泳は弱ってきたワンコの足腰にいいと、作っちゃったんですわ。
ちょっと奥さん、ビックリざんしょ?
ワンコ用と思いきや、人間が普通には入れる大きさがあるざんす。
暑い日は父ちゃん、母ちゃんと一緒にぷかぷか浮いてるだけじゃなく
数々の楽しい遊びを生み出してる。
むーさんの水泳特訓にどうぞと言われ、ぜひお願いしたいと思っただよ。


今回の襲撃の目的は、たろうとはなこに会いたかっただけではなかった。
来月早々に13歳の誕生日を迎えるはなこにコレ着てもらいたくて…

   DSCF0303.jpg ふりふりワンピ、ピンクバージョン♪

もちろん、男の子だけどたろうの分もあるよ!

   DSCF0225.jpg なんだかとっても喜んでる!


世話人からは大好きなバナナんの巨大おもちゃ。

   DSCF0272.jpg 美味しくないと抗議???

 DSCF0268.jpg DSCF0265.jpg



   DSCF0307.jpg せっかくなので少しマッサージを…と世話人。



仕事の合間なので、それほど時間がある訳ではないので早々と退散。
エレベーター好きなふたりが送ってくれると先導される。


   DSCF0314.jpg あはは…、なんとも。(^^ゞ


 DSCF0317.jpg DSCF0318.jpg


帰りにはママさんにお土産をた〜んといただき、ウホウホ顔でたろはな家を後にした。
ママさん、突然の襲撃、美味しいドーナツ、色々ありがとうございました。

   DSCF0320.jpg ドーナツの行列やぁ〜〜〜。(^^)/~~~










  

ちょっとだけ気が早いけど…
「はなこ、お誕生日おめでとう♪」 
いつまでも可愛く笑っていてね。
病気なんかに負けるな!
いつでも応援してるからね!
                      DSCF0279.jpg 






posted by でめきんとと at 02:40| Comment(6) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

タン坊5歳



  DSCF9247.jpg 「タンタン、お誕生日おめでとう♪」


昨日、19日はタンタンの5歳のお誕生日。
狭い狭いわんこものに集まって、ささやかながらもお祝いした。
写真のケーキはママのゴン太さんの手作りのイチゴタルト。
美味しそう〜〜〜♪
母はタンタンが1歳の頃から成長を見守ってきた。本当に幸せに思う。
この先もずっと健康で、中学生のようなやんちゃなタンタンでいてね。
本当におめでとう!



ちっさなちっさなぱーちーに集まってくれたのは…

   DSCF9279.jpg よっ、本日の主役!


そして、サンタの甥っ子君の…

   DSCF9236.jpg たろう13歳!


たろうの相棒、ニコニコ笑顔の…

   DSCF9252.jpg はなこ12歳!


お客さまをお迎えするのは、ご存じでめ家の…

   DSCF8840.jpg いつものトリオ!


タンタンのお誕生日の翌日(つまり今日)はゴン太さんのお誕生日。
ダブルでめでたいっ!
っという事で…

   DSCF9275.jpg 「ゴン太さん、お誕生日おめでとう♪」




み〜んなで美味しいケーキを食べて、たくさんおしゃべりして、
大好きなワンコの記念日を一緒にお祝いできる事。
本当に素晴らしい! 本当に幸せ〜!
うまく言葉にはできないけど、全てに感謝です。
また来年も一緒にお祝いさせてね。



   〜おまけ〜


はなことキリ、ふたりにはイスが良く似合う。
高いところはキライなはずのワンコ。なぜにこのふたりは乗るのか?

   DSCF9226.jpg


posted by でめきんとと at 21:54| Comment(18) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

幼馴染のドナちゃん



今日は朝からお空が泣いてる。
それも大泣き。
昨日、悲しいお別れがありました。
キレイで可愛い9歳の英ゴル、ドナちゃん・・・。


   DSCF1598.jpg


何か急用でも出来たかのように急いでお空に帰って行っちゃった。
病気が解って3週間、闘い始めて1週間。
ワンコの時間がいくら早いとはいえ、急過ぎだよ。



ドナちゃんはムッチとお里が一緒の幼馴染。
ムッチが母のところに来た1年後に、ドナちゃんも新しい生活を始めた。
ドナちゃんだけのパパとママにやっと出会えたのだ。

最初こそは戸惑い緊張し、意志が通わない事もあっただろう。
ムッチもそうだったからとても良く解る。
オトナのワンコになってから外の世界を見るのだもの、当然!
たくさんの愛情だっていきなり受けるのも戸惑うよね。
でも一緒の時間を過ごし、泣き、笑い、家族になっていく。
ドナちゃんとパパ、ママの絆はどんどん深まった。
その姿を見て、本当に幸せそうだった。



「成犬を迎える事」
やはりそれなりの覚悟と根性がいると思う。
一番に考える事、それは「この先何年一緒にいられるのか?」という事。
失くすのはとても怖い。いなくなったらとても寂しい。とても悲しい。
ドナちゃんのパパとママも考えたろう。
でも赤ちゃんワンコを迎え、これから過ごすシニアになるまでの
十数年ではなく「この子を幸せにしてあげたい!」と成犬のドナちゃんを迎えた。
覚悟して決めた事。
でも納得できない。
まだまだこれからがあるって思ってるし、どこに行こうか、何をしようか、
パパとママはもっともっと思い出を作りたかったと思う。
母も、今度の夏はムッチと泳いで欲しかった・・・。


ドナちゃんは最期までキレイで可愛かった。
自分の足で歩いて、しっかり目を向けて見ていた。
「幸せよ。」と、ドナちゃんが言ってるように母には見えた。
ドナちゃん、必ずまた会おうね。
お空ではみんなが暖かく迎えてくれるから安心して。
でもパパとママが寂しがるから、たまには顔を見せに来るんだよ。


  DSCF1573.jpg ドナちゃん、どうか安らかに・・・。



posted by でめきんとと at 17:47| Comment(8) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

みかんと浴衣



今日は、弟の美容院に行く用事があった。
そこは「みかん」というmixが看板犬を務める美容室。
何かお土産を・・・、と考えた。


  あった!



   mikan02.jpg 金魚柄の浴衣。



我が家の3ゴルには無理だけど、みかんにはぴったり!
本人もまんざらではないようで、着たままくつろいでいた。


   mikan01.jpg まったり〜。


posted by でめきんとと at 02:21| Comment(10) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

95年組のお友達



  DSCF0123.jpg


サンタと同じ年、お友達のベルちゃんが天使になっちゃった。
またひとり大切なお友達がいなくなっちゃった。
ふわふわな体に触る事ができなくなっちゃった。
寂しい・・・。


  CIMG9406.jpg


ベルちゃんは何度かわんこものに遊びに来てくれた事がある。
クリスマスパーティ−にも参加してくれたっけ。
あの爆裂キリさんも、ベル姉さんには一目置いていた。


長いまつげの可愛いベルちゃん。
あんよが太くて、どっしりタイプ、母が大好きなゴールデン。
最期の最期まで強く立派だった。
もっとママを困らせちゃえば良かったのに。
もっとわがまま言っちゃえば良かったのに。
イイ子過ぎだよ、ベルちゃん。


  DSCF0073.jpg もうこんなお茶目な姿も見れない・・・。



そちらにはサンタ、キリ、そしてヒカがいるよ。
そうそう、まだまだヒカにはベルちゃんみたいなお姉さんが必要。
見かけたら一喝してあげてね。
それから、先にむこうに慣れたお友達もいるね。
また会う時まで、みんなで待ってて下さい。
どうか、もう元気なカラダになって駆け回れていますように・・・。


posted by でめきんとと at 23:29| Comment(8) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

黒ラブ「ラブ爺」の本

  DSCF5495.jpg


今日はある本のご紹介をしよう。
母のお友達には知ってる方も多いと思うが、黒いラブラドールレトリバーの
「ラブ」という名前の男の子・・・、いや、爺様の生涯を綴った本なのだ。
以下「ラブ爺」という。
本の執筆者は、このブログにもリンクさせてもらってるワンコ仲間の
「ラブ爺とターミ姉の言っちないな!」の「ターミ姉ちゃん」
なぜ「ターミ姉ちゃん」なのか・・・それも本の中で説明してるよん♪
母はご本人にお会いした事があるが、サバサバした性格のとっても
ステキな女性。
嫌なものは嫌! いいものはイイ! とハッキリ言える人。
気持ちのいいお方で大好きなのだ。^^;



ラブ爺は“17歳”という年齢で2年前にお空へ旅立った。
大型犬飼いの方なら、みんな悲鳴にも似た声をあげる事だろう。


大型犬が17年も!!! って。


実際母も驚いていたし、羨ましくもあり、その年月を一緒に共にし、
見送ってあげた飼い主さんご家族を尊敬している。
3歳という短い一生しか送る事ができなかった光と一緒に暮らした母は
愛おしい犬と長く暮らせる事を羨ましく思う。


17歳の犬。
誰がどう見ても、どう聞いても老犬。
犬が若い時は予想も想像もできなかった介護が必須になってくる。
もちろんラブ爺も歩く事が困難になってくる時が訪れる。
寝返りさえ人間の手が必要になってくる。
介護やお世話についてもターミ姉ちゃんは明るく、前向きに向き合っている。
その様子や、子犬時代のラブ爺、ラブ爺を取り巻く日常が文字を通して
見えてくるような、そんな1冊に仕上がってる。
ターミ姉ちゃんの独特の言い回しや、口調。
これは本当に楽しいので、ぜひ一度体感していただきたい!



本の中身はラブ爺の幼少期から始まり、数々の悪行、事件。
悪犬と呼ばれながらも、男の子ならではの甘えや可愛らしさもある。
そして年をとってからの介護のお話、大変な事や楽しい事。
時々イラストを交えながら、日常を紹介してくれてる。


 DSCF5497.jpg  DSCF5500.jpg  DSCF5499.jpg



可愛らしい4コマ漫画風イラストもあって感動。

   DSCF5498.jpg   DSCF5496.jpg


イラストもとても可愛くて紹介しきれない。
愛犬との楽しい暮らし、確実に訪れる老い、病気の恐怖。
楽しい事も悲しい事も、そして辛い事もすべてに正面から向き合い
正直に生きている。
母もこうありたいと思う。
サンタやキリ、そして光に胸を張って真っ直ぐでいられるように。


  DSCF5488.jpg 「みんな、読んでみてくだしゃんせ。」byら。


posted by でめきんとと at 17:53| Comment(8) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

ニンニン♪ 分身の術★豪華特別版★

はじめに母の心の声・・・
「早いトコ写真を選んで記事にしちゃわないと、自分でも見分けがつかなくなる!」
写真がいっぱいなので、長くなる予定。^^;




と、いう訳で今回は“ニンニン♪シリーズ”の豪華特別版をお楽しみ下さい!
4日(月・祝)にキリさんのお姉ちゃん達が遊びに来てくれた。
という事は、ラン母さんの娘達という訳だ。



  DSCF4853.jpg 「え、誰が来んのぉ〜?」byら。


あなたの娘達ですよー。
ラン母さん、5年間一緒に暮らして半年前に羽田空港でお別れしたでしょ。
その娘達がラン母さんに会いに来るのよー。


で、来たよーーー!



  DSCF4896.jpg 先住犬のマリア姉ちゃん。


  DSCF4917.jpg 羽田で別れたマリー姉ちゃん。



  DSCF4825.jpg 「元気だったーーーっ?」って感じの再会。


  DSCF4828.jpg 赤いソファに3人乗り。




  DSCF4823.jpg 「ウホッ!全部女子♪ハーレムです。」byむ。


  DSCF4834.jpg 「アタチ、うれちくて開いちゃった!」byき。




半年振りに会ってとにかくビックリ!
羽田で会った時は余裕もなく、それほどしっかり観察した訳ではなかった。
確かに似てたし、やっぱり親子、姉妹・・・くらいにしか思わなかった。
ところが、今日再会してみて思ったのは、それぞれに特徴があって
見分ける事はできるのだが、ふとした表情やしぐさが似すぎてて間違える。
飼い主(母もマリアままさん)もカラーで見分けるような始末。
挙句の果てには動き回って位置の変わった子を違う名前で呼んでいる。
こりゃ〜ダメだ!(>_<)
で、母は“ニンニンシリーズ”の問題には最適!と思いついた。
早く問題にしないと母も誰が誰だか解らなくなるぞー!
今回は豪華特別版なので大サービスとしてヒント画像を提供。




  DSCF4880.jpg 良〜く見ておいて下さいね。





それでは手始めに第1問。これは簡単、簡単!

 @ DSCF4916.jpg 左:?  右:?




続いて第2問。ちょっとだけレベルアップ!

  A DSCF4856.jpg 左:?  右:?





キリさんのお姉ちゃん達、キリさんとは全然性格が違う。
とても穏やかで女の子らしく、少し怖がり。

・・・・・。爪の垢でも飲ませたい。(ーー;)

キリさんに爪の垢なんて飲ませたら「おかわりーっ!」とか言いそう。(T_T)
キリさんは永遠に落ち着かないのだろうか?
自分の姉ちゃん達をおびやかし、終始自分のペースで爆走するキリさん。
常に自分が話題の中心にいなければ気に入らなくて、あっちこっちへダッシュ!
その度に誰かにぶつかり、ぶつかる方が悪いのよ!みたいな勢いのキリさん。
それでも少し時間が経ったら落ち着いて写真が撮れるようになった。




そこで、第3問。オヤツのクッキーによる餌付け大会。

  B 
  DSCF4873.jpg   DSCF4876.jpg A:? B:?

  DSCF4875.jpg   DSCF4874.jpg C:? D:?



時間が経って、それぞれが自分の落ち着ける場所を探したようだ。
気が付くとみんなお昼寝?
寝顔も良く似ている。そこで寝顔が第4問。


  C
  DSCF4989.jpg   DSCF4988.jpg A:? B:?

  DSCF4987.jpg   DSCF4985.jpg C:? D:?


こんなのもあるよ〜。^^;
すっごく似てる、第5問。

  D DSCF4902.jpg 左:?  右:?



とりあえずまだまだあるよ〜、第6問。

  E DSCF4913.jpg このつぶれ方・・・誰???




これはひっかけの第7問。

  F DSCF4947.jpg 赤いソファが定番のこの方は・・・?





最後にもう1回オヤツ(餌付け大会)で並んで写真、第8問。
もう慣れて見分けられるかな?これはすぐ解ると思うなぁ〜。

  G DSCF4970.jpg A:? B:? C:? D:?



さぁ、お答え下さいまし。どれが誰?
あまりにもたくさんの写真で、こんなたくさんの問題になっちった。(汗)
キリさん、ラン母さんだけのエントリーでもOK!ですよん♪



こんな感じで一族でゴル話に燃えた祝日だった。
考えたら不思議なご縁。
お互いに住んでる所も、仕事も趣味も、共通点はない。
赤の他人だし・・・。
ラン母さんがこの世に産んでくれたキリさんたちで芽生えたご縁。
キリさんが我が家に来なければ巡りあう事もなく、ましてやラン母さんが
来る事もなかった。
それなのに、血の繋がった家族をそれぞれ持つという、親近感のような
ものさえ感じる。
うぅ〜ん、やっぱり不思議なご縁。
このご縁を大切にしていきたいと思うな。

マリアままさん、ぱぱさん、またいらして下さいね。
今度は全員で集まりたいですね!



posted by でめきんとと at 01:34| Comment(14) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

サンタのガールフレンド

でめ家はちょっとお休みをもらって、那須に行って来た。
(こちらのレポは後日。)
今日はでめ地方に帰還する日だった。
朝、悲しい知らせをもらった。






サンタの生涯でただひとりのガールフレンド(勝手にそう思ってる。)の
英国ゴールデンの女の子「Rubyちゃん」


  DSCF0420.jpg Rubyちゃん11歳の時。

  
朝早くお空に帰っていってしまった・・・と。
Rubyちゃんは2月に15歳のお誕生日を迎えたばかり。
15歳といってもおばあちゃんゴルなんかではないっ!
真っ白でくりくりのお目目、そして気品のあるステキなゴールデン。
先週の(日)に山中湖で会ったばかり。
先月はヒカのお別れにも来てくれたばかり。
確かに15歳、若者と一緒に元気に走り回る事はできないけれど、
自分の足でしっかりと歩き、オヤツだってゴハンだって美味しく食べてた。

Rubyちゃんに初めて会ったのは2006年1月。
http://santa-kiri.seesaa.net/article/12475067.html
サンタのお見舞いに来てくれたのだ。
Rubyちゃんの事はブログで見ていたが、サンタ以外で初めて見る英ゴルだった。
サンタはRubyちゃんに会った日の夜、それまで拒否してたゴハンを食べた。
Rubyちゃんに恋しちゃったのかな?なんて勝手に思って、ガールフレンド
なんて言っっちゃってるのだが・・・。
後から解った(サンタがお空に帰った後)事なのだが、Rubyちゃんと
サンタは親戚さん、それも「いとこ」だった。
所詮叶わぬ恋だったけど、サンタはRubyちゃんが好きだった。(と思う。)

Rubyちゃんは気高く、おしゃれでステキな子。
目力があり、しっかりと自分の意思を持つ本物の英国ゴールデン。
でも、おちゃめなところも持ち合わせていて食いしん坊で美味しいものには目がない。
そんなRubyちゃん、最期まで気高く凛として静かに旅立ったと聞いた。
飼い主のHirokoさんとの15年、それは誰もが憧れるステキな関係。
楽しい事はふたりで分かち合い、時には辛い事もふたりで乗り越えて来たのだろう。
ふたりは理想的で本物のパートナーだったと思う。
またひとり、お友達がお空へ帰ってしまった。
寂しくなる。
でも母は必ずまた会えると信じてる。
Rubyちゃんにも、ヒカにも、サンタやキリにも。
その日までちょっとの間だけお別れなんだ。
みんなで一緒に待っててくれてると信じてる。


   ruby-1.jpg Rubyちゃん、安らかに・・・。


posted by でめきんとと at 23:45| Comment(2) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

サンタの甥っ子

わんこもののお客さまから、でめ地方に白と茶色のゴルがいると聞いた。
そのゴルコンビの名前は「たろう」と「はなこ」
ちょっと気になった母は、せっかくあるのだからPCを使って検索!

いたよーーーっ!


で、それだけだったら別に騒ぐ事もないだろう。
ところが、ふたりのプロフィールを見て、ビックリ!
ふたりがやって来たのはサンタのお里!
血統書が載ってたので、すかさずクリックでデカくしてみた。
そしたら・・・


サンタと苗字が一緒!


なんと、血統書の<母>のところ、生年月日がサンタと同じ。
そう、サンタのお姉ちゃんか妹のようだ。
っという事は、サンタの甥っ子という事になる。
早速、連絡してみたよ。


そしたら・・・・・



来てくれたよ〜〜〜。

DSCF0919.jpg 白と茶のゴルゴルコンビ!


DSCF0895.jpg 1996年生まれのたろう君。


DSCF0935.jpg 1997年生まれのはなこちゃん。



甘えん坊のたろう君とおっとりのはなこちゃん。
ふたりの年の離れ方も、ふたりの関係もまるでサンタと(先代)キリのよう。
サンタはいなくなってしまってからも、母を驚かせる。
これもサンタからのプレゼント?
ありがとう、サンタ。

そして、もうひとつ驚く事があった。
たろう君とはなこちゃんのmamaさんから、サンタと同じ誕生日の子が
いると教えてもらった。
早速、ブログに訪問。
そこには間違いなくサンタの兄弟がいた。
名前は「ジュリアちゃん」1995年1月23日生まれの13歳。
目がサンタにそっくりの可愛い女の子。
サンタの兄弟はみんな女の子。
お姉ちゃんか妹、どちらかは解らないが確かにいた!
こんな近い親戚さんに続けざまに出会う事ができた。
嬉しくて、興奮した出来事だった。

サンタの甥っ子くんも、お姉ちゃん、妹もみんな元気で長生きして欲しい。

posted by でめきんとと at 23:51| Comment(10) | お友達&親戚さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。