2014年04月23日

吹雪くん♪






     IMGP0476.jpg





毎年、サクラの季節あたりにむーさんのお鼻の上の毛がハゲる。
それは2011年から始まった。





     IMGP3720.jpg 2011年4月。




     DSCF4716.jpg 2012年4月。




     IMGP1282.jpg 2013年4月。




     IMG_2509.jpg 2014年4月。





今年ももれなくハゲた。(>_<)
4年目。
なんでかなぁ〜?
不安なので検査もしたけど、寄生虫なども見当たらず。
血液検査の結果も悪いところはない。(お薬飲んでての話。)
お鼻のおハゲは注意深く観察するのみ。
連年通りなら、少し経てば毛は生えておハゲは目立たなくなるはず。
早く毛が生えて欲しいなぁ〜。




今年のおハゲは過去3年のとは柄が違う。
範囲が広がってしまったからか?






何かに似てる…


何かに似てる…


何かに似てる…





コレだっ!!!






     images1.jpg 和菓子の「吹雪」


     IMGP0473.jpg でめ家の「吹雪」



むーさんを最近「吹雪くん」と呼んでいる。(^^ゞ


posted by でめきんとと at 00:48| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

シニアなムッチ





     20140414_234714.jpg





上の写真はフリーペーパーの「ぐらんわん!」
この2年、続けてムッチを「イキイキ大賞」というのに応募してる。
ムッチは12歳でどっからどう見てもおっさんなのだけど、
上には上がいてね、18歳とか19歳とかのワンコさんも元気に載ってる。
みんな色々不具合があっても、えっちらおっちら頑張ってる。
多頭飼いの年の差アンケートがあったのでしら〜っと出したところ、
忘れた頃に載った。

実はすっかり忘れてた。(^^ゞ






     20140414_234821.jpg






写真はまこたま8ヶ月の時のモノ。
那須旅行の時にドッグランで疲れたところにぱちりと撮った1枚。(本当は必死!)
疲れてるはずなのに、まだきちんと並べてはいないな。(>_<)
イイ記念になったとちょっと嬉しかったりして。





※フリーペーパー「ぐらんわん!」は、わんこものに置いてるよ〜。





ここ数日ちょっと心配事が…。


そんな年の差のある3ゴル。
ムッチの様子がちょっとおかしい気がする。
急に暑くなったからか息使いが荒く、落ち着かない。
抜け毛を追いかけたり、自分の腕の毛をむしりパクパクしようとする。
あげ句には吐く。
慎重に見守っているけど、去年の具合を悪くした時の事が思い出される。
ちょっと心配しすぎかな?とも思うけど、楽観視は怖いもんね。
ムッチはまこたまのようにはいかないもんね。
なんてったって、年の差12歳! 
ちなみに3ゴルの干支は全員ヘビ年なの。(^^ゞ
ヨタヨタしてても、ボケボケでも、まだまだココにいてもらわなきゃ!
弟達、妹達の良い目標にならなきゃ!






     20140415_233120.jpg




母は、こんな風にくっ付いて寝てるのをいつまでも見ていたいもん。


posted by でめきんとと at 00:10| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

ムッチとサクラは遅かった(泣)






     IMG_2437.jpg





ムッチとサクラの写真が撮りたくて(日)に行った古墳に。
(日)がギリだったらしく、ちょっと遅かった!(>_<)
お散歩途中に近所でもキレイなサクラの写真は撮れる。
まこたまは、世話人がサクラの木の下でお座りさせて撮ってくれてる。
ところがむーさんは頑固者でお散歩してくれないから、
日中の明るいうちにサクラの咲いてる場所までたどり着けないの。
昨年は世話人と母とお弁当持って出かけたりしてたけど、ね。




あと何回サクラの写真が撮れるだろうか…



やっぱりふと考えちゃうのねー。
で、公園散歩がてら急遽決行した訳。




     IMG_2428.jpg   IMG_2433.jpg




ココは久しぶりだけど、むーさんは良く知ってるもんね。
東屋目指してぐんぐん進む。
サクラは残念だったけど、むーさんはとっても嬉しそう♪
歩いたらゴハン休憩しましょ。
昨年の夏に具合を悪くしてからはむーさんのゴハンは1日5〜6回。
本人とっても楽しみにしてるようだから大変だけどいいの。





     IMG_2450.jpg





そしてコチラも恒例のヤギミルク。
味のないお水は「ふんっ!」ってされちゃう。




     IMG_2442.jpg   IMG_2447.jpg





でめ地方、今日は今年初の夏日を記録。
日陰で休んでたら気持ち良かったようで…





     IMG_2475.jpg





慌ただしいけど、さぁ帰りますよ。
まこたまが待ってるからね。




     IMG_2524.jpg




来年は絶対満開のサクラとむーさんの笑顔を撮りたい!!!
神様お願い。
むーさんお願い。

posted by でめきんとと at 19:13| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

むーさんだけ!!!






     IMG_0355.jpg






去年夏からまこたまが増えて、でめ家は一気に賑やかになった。
でもきっとむーさんは「賑やか」ではなく「ウザい」「うるさい」と
思ってるに違いない。
手のかからないオトナのオトコむーさんに比べたら、まこたまは
まだまだオムツしたひよっこ。
お出かけは3ゴル(いや、大変なのは2ゴル)でわちゃわちゃ。
むーさんひとりの時はちやほやされて、むーさんのペースで
色んなトコに行ったっけねー。

って事で、今日はまこたまはお留守番してもらって、むーさんのぬけがけ。(^^ゞ




     IMG_0392.jpg   IMG_0403.jpg




     IMG_0381.jpg   IMG_0370.jpg





気が向かないとお散歩さえ拒否るむーさん。
ほんのちょっとの時間だけど、誰もいないドッグランをひとりでテケテケ。
走る事もなく、遊びに誘っても乗ってこないけどちょっと笑ってたような。




     IMG_0419.jpg




むーさんはココでお茶するのが好き。
本当にお茶を飲む訳ではないけど、この空間が好きなんだと思う。




     IMG_0421.jpg




カラダをトントン!って叩いて起こすまで熟睡しちゃうし。(^^ゞ
もうおっさんで、動きもゆっくりだし、頑固だし、お耳も少し遠いけど、
むーさんのペースでゆっくり行こう。
同じ年の兄弟も見つかって一緒にご長寿目指す目標もできたしね!




     IMG_0373.jpg




いつまでもイボのある可愛いお目目でそうして見上げてね♪



posted by でめきんとと at 20:20| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

初めて見られた!





ムッチは未だにへそ天で寝た事がない。
お腹を上にして寝られない。
だから見た事がない。
神経質で、寝ててもそれは変わらず、寝姿は上品な方だと思ふ。





ところが、でめ家に来て7年!
初めてムッチのこんなのを見た!






     20131012_004307.jpg ベロがちょろっと出てた。






キリさんもラン母さんも、みんなみんなベロ出し寝はした。
出っぱなしのベロは乾燥しちゃって先っぽがカピカピになってたもんだ。
ムッチのベロ出しを見られて嬉しい!
先っぽはどうなってるのかついつい触ってしまった。
想像もしていなかったくらいビックリして飛び起きちゃって終了〜。
残念!!!
今度はもう少し放っておいてから触ってみよ。(^^ゞ






コチラ、全然神経質じゃないまこたまのベロ出し寝。





     IMGP6806.jpg まこと生後4ヶ月。






     20131001_011417.jpg たまこ生後5ヶ月。





たまこに至ってはベロ出しではなく、オヤジの熟睡?
魔よけになりそうなベロ出しもあった!






     IMGP7048.jpg



posted by でめきんとと at 01:28| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

むーさんの皮膚





     IMGP8027.jpg




ど〜んよりなむーさん。
あれからそれなりに元気に過ごしてきた。
実はすっごい食欲(まるで飢餓状態)な時があって、検査をした。
それはお薬から来るものだった。
食に関して貪欲で、母の指までがっぷりと食べてイタイ思いを何度もした。
お薬を減らし調整して様子を見てたが、飢餓状態から脱してイイ感じだった。






しかし!!!




お薬を減らしたら今度は皮膚が…




     IMGP8032.jpg




久々の膿皮症できた。(T_T)



お薬は甲状腺のお薬。
甲状腺機能低下になると脱毛したり、皮膚の状態が悪くなったりする事がある。
お薬を増やすと皮膚の調子はイイのだけどカラダに影響し、減らすと皮膚が悪くなる。
はぁ〜〜〜、むーさんも母もど〜んより。
どっちも大事だから上手く付き合っていかなきゃだけど、どっちがどーなのさ!


posted by でめきんとと at 18:43| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

ムッチ、ウチの子記念♪





     IMGP1181.jpg





今日はムッチのウチの子記念日。
7年前の2006年9月8日、5歳のムッチはでめ家に来た。






     DSCF0161.jpg






お里にお迎えに行った時、ムッチとたくさんの白い子に囲まれた。
「ボクも撫でて〜!」
「ボクも!」 「アタチも!」
って、みんな人懐こい笑顔で甘えてきた。
みんな連れて帰りたい衝動にかられたっけ。(^^ゞ







7年前、ムッチは真っすぐ歩けなかった。
「え?」って思うかもしれないけど、本当。
カラーやリードを着けた事はなかったかも。
運動場で走ったり遊んだりはしてても、お散歩はした事がなかったかも。



ちっこができなかった。
「は?」って思うかもしれないけど、本当。
お散歩の時やお外でするっていう習慣はなかったかも。



お外の音や車、すれ違う人や工事の看板、停めてある自転車、全部を怖がった。
その状況の中で唯一頼れるのが母と世話人。
もう今では見る事はなくなったけど、でめ家に来て半年くらいはひっ付いてた。
出先でも、散歩の途中でも、人前でもお構いなし。





     DSCF8100.jpg







あれから7年。
すっかり家庭犬の風格を身につけ、頑固で神経質なおっさんになったね。





     IMGP1266.jpg






たまにヨタ〜ってつまずいちゃったりするし、
気が向かないとお散歩は行かないし、
ランに行っても走る事よりもテケテケ歩いてる方が多いし、
人に撫でられるのが大好きで、わがままで、自分勝手で、
半分目を開いて寝てたりする顔がちょっと怖かったりするけど、
可愛い可愛いでめ家の王子さま♪





ムッチ12歳。
この7年間はとっても幸せで楽しかった。
これから先どんな病気が襲ってくるか解らないし、
どのくらい一緒にいられるか解らないけど、
ムッチの笑顔がずっとずっと傍で見られますように。






今日のむーさん。
「これからもよろしくね!」




     20130908_175759.jpg






posted by でめきんとと at 23:23| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

半目のむーさん




     20130902_235425.jpg




半分目が開いたまま熟睡のむーさん。(^^ゞ
最近はきちんと目が閉じる事が少ない。
お年を召すとこうなるか?
どんなにコワイ顔で寝ていても可愛いから許す。





     20130829_150747.jpg





ブームのすいかはジュースにして舐めてる。
ちょっと物足りないと思ってると思うけど、固形物はガマンね。
ゴハンは流動食、1日6回のぱぴ〜以上の回数。
まこたまでさえ羨ましそうに見てる。
大変だけど、むーさんが美味しく食べられるならお世話する幸せ感じてる。
単純な母。(^^ゞ
むーさんはたくさん食べられて嬉しそう。





ここ数日の間、悲しい話ばかりを耳にする。
むーさんより若いゴルゴルさんの病気、訃報。
むーさんの兄弟、むーさんの親戚さん。
寂しくて、悲しくて、「なんで?」と言わずにはいられない。
どうか1日も早く元気になって。
どうかお空で安らかに。



posted by でめきんとと at 01:13| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

ぐらんわん!イキイキ犬賞





     1016209_549476821772137_920189785_n.jpg



ご長寿犬を応援するフリーマガジン「ぐらんわん!」

ぐらんわん!で年に1回、イキイキ犬賞というものが投票制で決定する。
むーさんも去年から応募させてもらって今年もエントリーしてみた。


第5回イキイキ犬賞[活き生き犬賞部門]
No.22 が、むーさん。本名ムッシュでエントリーしてます。

他の候補犬を見ると、むーさんの12歳なんてまだまだひよっこ。
1日1回、ぽち!っと応援して下さったら嬉しいです。

見事復活を果たしたむーさんへのご褒美です。
投票締め切りは9月11日まで。
ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。




※フリーマガジン「ぐらんわん!」はわんこものSanta&Kiriにも置いてあります。



posted by でめきんとと at 23:59| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

高くて厚い壁





1週間もブログを放置してしまった。
まことが来てから毎日休むことなく(珠子が来た時を除く)続けて書いてきた。
実はむーさん、この1週間の間に「高くてぶ厚い壁」を乗り越えていた。
無事に乗り越えたからこうして記録できてる。
頭の中を整理しながら書こうと思うけど、母は文章を組み立てるのがヘタで
長くなると思いますので、どうぞスルーしてちょ。







まこととふたりで病院に行ったのが先週(水)
皮膚の状態が心配だったので、早め早めにと思い軽い気持ちだった。
結果は細菌性の皮膚炎。エコーの結果、内臓は異常なし。
抗生剤とゴハンの前に飲む液体の消化剤をもらってきた。
ところがその日の夜、今までオエ―ってやっても何も吐かなかったのが
突然、飲んだ水(白い泡状)を吐いた。
「ん?おかしい。」
すぐに往診のでめ家の主治医の先生に相談し、ムッチに初めて皮下点滴をした。





     20130822_150348.jpg





一晩不安な気持ちで過ごし、翌日(木)スタジオの仕事を姉に託し時間をもらって
朝一番で病院の開店待ち。





     1377133814740.jpg





レントゲンと血液検査。
血液検査結果は優秀で、お薬でキープしてる数値もあるけど
どの項目も正常値ばかり。
ところがレントゲン結果で思いもよらない言葉を耳にする事に。
巨大食道症
この病気はハッキリした原因が解らず、これといった治療法はないとの事。





ショックとパニックで帰ってくると、無邪気なまこたまが迎えてくれた。
朝ゴハンを抜いて病院に行ったので、むーさんはお腹が空いてるはず。
まこたまのお昼ゴハン(1日3食)と一緒に朝ゴハンを食べた。




それから数十分後… 食べたゴハンを吐いた。
コレが引き金になって高くてぶ厚い壁を目の前にする事になった。
それからムッチは吐いて、吐いて、吐きまくった。
熱は40度を超え、見る見るうちにぐったりとしてきた。
夜通し吐き続け、それは咳をも引き起こし時間が経つにつれ咳の音も悪いものに変化した。
吐く事で危険なのは誤嚥性肺炎。(ごえんせいはいえん)
吸引性肺炎と言った方が想像しやすいかもしれない。
吐いた後に息を吸い込み、その時に吐いたモノが気管に入り起こる肺炎。
この恐怖で朝がやって来るのが待ち遠しかった。
口から入れるお薬は使えない。吐いてしまうから。
何とか吐き気を止めてあげられないかとでめ家の先生に相談し、急遽吐き気止めの
注射をするべく夜中に都内に車を走らせた。
安静にしていたいムッチに母が付き添い残り、病院には世話人と知人で向かった。
吐き気止めの注射が手に入ったのは夜中の1時。
ところが注射をしても朝まで吐き気と咳が治まる事はなかった。





     20130825_093712.jpg






世話人と交代で仮眠を取りながら(金)の朝になった。
たった1日でこんな状態になったムッチに何が起こってるのか知りたかった。
でめ家の先生と相談し、もう一度病院でレントゲンと血液検査。
レントゲンの画像は前日と変わらず、巨大食道症はますます確定となり
血液検査では炎症数値(CRP)が5.2に上がっていた。
このままではムッチがどんどん弱ってしまう。
ゴハンもお薬もあげたいけど吐いてしまう。
せっかくコントロールできてた肝臓や甲状腺の数値まで悪くなってしまう。
病院では詳しく調べるには造影剤を使った検査や、麻酔を使った内視鏡検査が
必要と説明された。
ムッチの12歳という年齢から麻酔を使うなら今後の事を考えて、胃に直接チューブを
入れる手術を一緒に施術する事もできるので良く考えて下さいと言われた。






「早まるな!」





そう思った。
技術と経験が豊富で、信頼もできる動物病院だけど…
でも、そんなホイホイと言われたままでイイのか?
母らしくないじゃないか。
まだまだやれる事はあるはず。
まだまだ何もやってないじゃないか!
胃にチューブ?
自分のお口で美味しいモノをもっともっといっぱい食べて欲しい。
食べるのが大好きなムッチから食べる事を奪ってはイケナイ。
まずは弱ってしまったムッチをイイ状態にまで持ってきたい。



病院にムッチに留置針をお願いした。
※本来、入院して治療するレベル。
 でも、母は絶対入院はイヤ!母は後悔したくないので自分でヤル主義。






(土)やはり改善は見られず。
吐き気止めも抗生剤も消化剤も、毎日飲んでるお薬さえも飲めない。
注射で打てるお薬は全部錠剤から変更し、でめ家の先生に用意してもらった。
夕方から24時間体制の静脈点滴が始まった。
チューブに繋がったムッチ、目が離せない。
入院を拒否ってるんだから仕方ないし、そんなのへっちゃら。
世話人と交代で仮眠しながら「でめきんとと病院」が再開した。





     20130825_123410.jpg





点滴を見守りながら朝を迎えた。
ムッチはまだまだ吐き気と咳はあるものの、少しすっきりしたように見えた。
2日間絶食・絶水してたので、スプーン1杯の流動食から始めてみた。
流動食はパピー用の高カロリーフードをお湯でふやかしミキサーにかけたもの。
それを、どうか吐かないでと願い舐めさせる。(飲ませる。)
食べ終わったらなるべく上半身を高くして、食べた物が胃に運ばれるまで
じぃ〜っと待つ。
これを2時間おきに。






順調だった静脈点滴だったけど、(月)の夕方に漏れが見つかり終了。
点滴でせっかく調子が良くなってきてもう少し続けたかったのだけど、
母には針を別の脚に入れなおす事はできないから。
でもずいぶん目にチカラが戻って来たように見えた。
流動食を吐く事はなかったので、錠剤の薬を粉状にして混ぜた。
流動食の量を増やし、様子を見守った。
吐く事もなく、咳も治まってきた。





そして(水)
状態を知りたくて再びレントゲンと血液検査。
炎症数値(CRP)は0.4  正常値は1まで。
レントゲンにくっきり写っていた大きくなった食道は心なしか小さく見えた。
炎症は治まったように見えた。
お薬をたくさん使った。(打った。)
もしかしたら、今はお薬で抑えられてるのかもしれない。
またぶり返してオエ―ってなるかもしれない。
でも、確実に言える事。


高くてぶ厚い壁は越えたっ!!!


たくさんの人に支えられ、助けられ、励まされ、越えられたと思ってる。
温かくて優しいムッチは今ココにいてくれる。
一時は弱気になった母ですが、ムッチが頑張ってくれた。
もしまた危機が襲ってきてもムッチを守るっ!
この病気、原因や治療法が解らないだけに稀に治っちゃう場合もあるとか?


うん、きっとムッチはそれ!(^^ゞ




     20130829_111021.jpg 今日のむーさん。



posted by でめきんとと at 18:51| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。