2015年10月23日

ムッチ、愛してるよ。






10月22日。
小さくなったムッチが無事に帰ってきました。

すがすがしい秋晴れの1日でした。
ダサくて不器用なムッチでもきっと道に迷わずに行く事ができたでしょう。
それに先に行ってる5ゴルがお出迎えをしてくれてるはずですから。




     IMG_4759.jpg










ムッチは突然に母の前からいなくなってしまった。
これっぽっちも予想してなかった。
だって、前の記事でも書いてたけど調子は上向きだったから。
3時間おきの流動食も、流動食の種類も、おむつ交換や投薬、点滴、
すべてが慣れてきて日常になってきてたし。
前の日、いやいやその日の朝だっていつもと一緒だった。




19日、朝。
いつものようにまこたまの朝ごはんを先に済ませ、ムッチの流動食の準備。
その間に世話人がムッチのベッドを整えてくれる。
ムッチは床に寝てそれを待ってるのだけど、その間に1度吐いた。
でも吐く事なんてでめ家の日常、ムッチの日常。
ところがその吐いた物の半分は血だった。
この時、8時30分。
それでもムッチは目をキラキラさせていつものようにごはんを食べた。
この時、9時20分。
いつものように食べて、いつものように食やすみをして少し寝て。
この時、11時20分くらい。
ここから坂道を転がるようにムッチの様子が急変した。
3時間後に訪れるサヨナラなんて想像すらしていなかった。



首を反らせ、細かいけいれん。
手足を突っ張り、チアノーゼを起こした。
何かの発作だと思う。
すぐに治まったのだけど、心配なので病院に診察をお願いした。
車に運んだらまた発作。
世話人に運転をお願いして母がムッチの隣に乗り声をかけ続けた。
車を発進させて10分くらいでまた発作。




母は迷った。
今のムッチの状態を知りたいけど、このまま車の中で・・・
苦渋の決断で病院行きをやめて引き返した。





車からムッチを降ろし、部屋に入ったところでまた発作。
布団に寝かせ、声をかけ、見守るうちに呼吸が変化した。
苦しそうで、それでもがんっばって・・・。
犬は飼い主のために生きようとすると聞いた。
苦しくても、苦しくても、がんばるんだって。
飼い主がちゃんと言ってあげないと、頑張り続けるんだって。


だから・・・
「ありがとう、ムッチ。もういいよ。かーちゃんは大丈夫。」
ムッチにちゃんと伝えた。
朝ごはんに食べたごはんを自力で全部吐いた。
食道は大きく、機能していないからきっと胃にまで到達してなかったんだね。
ムッチは全部自分で吐きだして、それから間もなくして動かなくなった。
キレイなまんま。
何ひとつ汚さず、わがままも言わず、母の手をわずらわす事もなく。
14歳のお誕生日を迎えて3ヶ月と4日の生涯でした。







     IMG_4664.jpg




まことはムッチが動かないのが不思議なのか戸惑っていた。


     IMG_4695.jpg




たまこは叱られても止められても大好きなにーたんにくっ付く。


     IMG_4661.jpg  IMG_4702.jpg





ふたりとも元気がない。おとなしい。
何かを感じて、何かさみしそう。


     IMG_4761.jpg   IMG_4762.jpg




時間が解決してくれるだろうけど、ふたりのケアをしてあげなきゃ。
これからは長男、長女なんだから。






ムッチは男の子だけど、
まるでお嫁さんのようにキレイなお花に囲まれて可愛かった。



     IMG_4731.jpg



母の他にこんなにもムッチの事を想ってくれる人がいるなんて、
驚きと嬉しさでいっぱいです。
頑張ったムッチを誇りに思います。



     IMG_4725.jpg






ブログにご訪問して下さったり、
ランで一緒に遊んで(ナデナデして)下さったり、
生前ムッチをたくさん可愛がって下さりありがとうございました。
ムッチは向こうに行くのが嬉しいそうです。
きっとみんなと逢えるからでしょう。
いっぱい愛情をもらったからお互いに淋しくないはずだからって。
そしてまた逢えるのが楽しみだって。
笑顔でそう言ってたそうです。
母も生まれ変わったムッチに出逢う事が今から楽しみです。
ムッチの笑顔は忘れません。
この笑顔を探す事がこれからの母の目標、使命かな。




     IMGP1181.JPG








ムッチにたくさんのお花をいただきました。
本当に感謝しています。
おひとりおひとりにお礼をお伝えできていないのが心苦しいです。
落ち着きましたら改めましてお礼申し上げます。
どうぞお許しください。

posted by でめきんとと at 23:10| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

ご報告。





でめ家のむーさん。
可愛いくてダサいムッチが
10月19日(月)14時26分お空へ旅立ちました。
ムッチは不器用なくせにとっても上手に、
そして立派にお別れしてくれました。





        IMG_4647.jpg






ムッチは10月22日(木)
午後1時にお空に帰ります。



向こうには先に行ってるキリ、サンタ。
一緒に暮らした光、大好きなラン母さん、
頼りがいのあるキリさんがいます。
みんなにムッチのお出迎えを頼んでいます。
ムッチが迎え入れてくれたまこたまにも見守られています。
だからムッチは、ちょっとダサいけどきっと迷わず
一直線にみんなのところにたどりつけるでしょう。



もしお時間がありましたら、お空を見上げて
ムッチを送り出してあげて下さいませんか。
きっと、ちょっと恥ずかしそうに誇らしげに
旅立っていくと思います。



ムッチは今、たくさんのお花に囲まれて
いつものお昼寝のように穏やかに寝ています。
名前を読んだら面倒くさそうに顔をあげて
私を探すそぶりを見せるようです。




今までたくさんの愛情で見守り、
可愛がって下さったみなさま
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



ありがとうございました。


posted by でめきんとと at 00:26| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

最近は…






またまた記事の更新が… (>_<)
心臓の超音波検査の結果を書かなきゃ。





     image2 (3).jpg




結果から言うと数値が悪かった割にはコレといって問題はなし。
不整脈や弁の変形などはあるものの、高齢から来るもので
お薬を飲むまでではないとの事。
不整脈は3,4年前からあったのね。波形はそれほど気にするものではないらしい。
ホッ、良かった。



先日できた背中の大きな膿皮症。
放っておいたら見つかってバリカンでおっきく刈られてハゲできちゃった。




     image1 (4).jpg




もう今は皮膚が乾燥してうっすらと毛が生えてきた。
こっちもホッ。




で、最近は恐怖のチアノーゼが現われない!
何が原因でチアノーゼを起こしていたのか解らない。
だけど、母の勝手な想像で解釈してみた。
ムッチは肺炎を2回やっちゃったのだけど、その治療でお薬を飲みはじめたら
チアノーゼが出ないの。
そのお薬がイイ効果なのかも?って思ってる。




問題のムッチの状態だけど、最近は少し落ち着いてるように感じる。
病院の先生、往診の先生には決まって同じ事を聞かれる。
「嘔吐はありますか?」
母はいつも同じ答え。
「もちろん、あります!吐かない日は今まで1日もないですから。」
ムッチの闘病が始まって2ヶ月半、吐く量や回数は減ってはきたものの
毎日、毎日、吐いている。
吐き戻しがひどかった頃はティッシュを1日1箱消費していた。
ところが、昨日はじめて1日中吐く事がなかった。
夜になって吐くかも?って身構えて緊張してたけど無事に朝を迎えた。

ぜーったい良くなってるっしょ!?
でも今日はちょっと吐いちゃったんだけどねー。(^^ゞ ドンマイ。



体重は7kgも落ちちゃった。
一生懸命に流動食流し込んでるけど、吐いちゃって今まで全然栄養は摂れてないと思う。
ムッチはお腹減ってるみたいで食べる気満々だけど、いっぱいあげちゃうと
苦しくなっちゃうし、流れてくれないし。
ムッチの食道は正常の4〜5倍の大きさになっちゃってるらしい。
普通はレントゲンには写りにくいらしい食道。
気管と同じくらいの太さで気管に隠れちゃうんだってー。
でもムッチの食道はしっかりと、しかもでっかくレントゲンに写ってる。
もう小さくはならないんだって。
そうならば早いとこスムーズにゴハンを食べられて、少しでも栄養摂れて、
快適に過ごせるように工夫をしていかなきゃ。
そして何よりも慣れなきゃ。
でもね、色んな事が襲ってきたこの2ヶ月半で大分慣れた。
吐かないでいてくれれば何とかなる!
少しづつ、ゆっくりでも少しづつ体重を増やしたい。
そしてリハビリしてもう一度テケテケと歩かせてあげたい。
テケテケ歩いてる姿を見たいな。




     image6 (2).jpg




2ヶ月半引きこもっていて病院以外は外に出ていないムッチ。
涼しくなってきたし気分転換にいいかなーと思って「むっち号」用意してみた。




   image5 (2).jpg   image4 (2).jpg




母の夢だったカート散歩。
今まで一度も叶えてくれる子がいなかったもんね。
ムッチ、ありがとう。
でもさー、
できればおとなしく乗っててくれるとかーちゃんはもっと嬉しいんだけど…。(^^ゞ




     image10.jpg




今年もぐらんわんのイキイキ犬賞に表彰状もらった。
嬉しいね、ムッチ。
もうここまで来たからには図々しく欲張りになって来年ももらっちゃお!
頑張ろうね、ムッチ。




posted by でめきんとと at 21:47| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

先はまだ見えず…。






     20150924_233405.jpg




まこたまのくっ付き寝、始まりましたー!
ムッチの具合が悪くなった時、エアコン全開の夏真っ盛りだった。
それがちょっと肌寒い、人肌恋しい季節になってしまった。





そろそろハロウィンみたいだし。




     20150926_154537.jpg




チアノーゼを起こしてしまうようになったムッチ。
前回の記事で、立たせてゴハンを食べさせる事ができなくなり、
傾斜を付けたベッドを作り寝たまんまの食事を取ってると記録した。
ところが数日後、このベッドの上でさえチアノーゼを起こすようになった。

もうねー、ゴハンをあげるのが恐怖よー!(T_T)

少しの量を小分けして何回もあげなきゃいけないのに、怖くて怖くて。
時間にして3〜4時間に1回づつ恐怖の連続。
母も怖いけど、きっとムッチも苦しくて辛いはず。
何が原因?
ムッチに何が起きてるのか?
もしかしたら心臓?
また不安な事もあったりして、再び検査のため病院へ。



結果、不安適中!
肺炎再発。(傾斜を付けてるとはいえ、寝たまんまなので誤嚥。)
膀胱炎。(数日前からオムツの中に色の濃いおちっこと血の塊発見。)
そして、後日結果が解ったのだけど、心臓の数値上昇。
免疫が落ちてるせいか、背中にでっかい膿皮症のおまけつき。




     IMG_2535.jpg きちゃない写真でゴメンちゃい。(^^ゞ




年齢もあるけど、流動食を食べるようになったら途端に歯が汚れた。
苦しい時、力任せに噛みしめちゃってくちびるが傷ついちゃった。




     20150927_092328.jpg




コレって、負の連鎖?




でもムッチはゴハンを見ればお目目キラッキラで食欲ばっちり。
あっちに行きたい、こっちがいいってバッタバタと暴れてる。
その日その日で体調の良い日、悪い日はあるもののヤル気は見られる。
スゴイなー、ムッチは!エライなー、ムッチは!




心臓の数値が悪いので、ムッチと母は今度は超音波検査に挑む!
チアノーゼの原因が解れば対処の方法も出てくるもんね。
諦めないんだから!しつこいんだから!




ゴハンの時にしかあんまりお水飲めないから水分補充。
膀胱炎はどんどん流さないとね。




     20150921_203704.jpg




ゴハンの時の必需品の大判ヨダレ掛けと、
可愛いオムツ姿のためのオムツカバーを作製。
人間用のオムツで済ませてるのだけど、長期戦になると経費もかさむのよね〜。
昔のお母さんたちは布おむつでお洗濯してたんだもんねー。
オムツカバーをたくさん用意して汚れたらお洗濯すればいいじゃない?
オムツカバーに人間用の尿取りパッドでイケたらお安く済むしね。




    image1 (3).jpg    20150926_193049.jpg





まだ良い報告ができないけど、ゆっくり地道に頑張る!
心臓の検査結果が出たらまた記録しようと思う。



posted by でめきんとと at 12:49| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

ムッチの経過






今日のムッチ。
おリボンが似合いすぎる可愛いむちこさん♪



     IMG_2541.jpg




ムッチ、頑張ってます!

約2週間の点滴から解放されて今は自由の身。
キョロちゃん鈴もお役御免。
炎症数値は下がったものの、膵臓の数値は逆に上がってた。
どーして?
あんなに頑張ったのにー。
ちょっとショックを受けたものの、前に進まなくちゃ!




最近のムッチの定番「壁ドン!」
具合が悪いのに、毎日こんなムッチに笑顔をもらってる。



     IMG_2546.jpg






吐き戻しは今も続いてる。
毎日、毎日、食べては吐き、食べては吐き。
それでもゴハン(流動食)を作りムッチのお口に運ぶ。
お腹に十分な量が入ってないから痩せてきてしまった。
食欲はあって、ゴハンを近づけるとお口を「あぁ〜ん」と開けてくれる。
いっぱい食べさせてあげたいけど焦らず少しづつ。
それでも吐いてしまう。
吐いてしまうのが解っていても作る、食べさせる!
ちょっと辛いなぁ〜。





追い打ちをかけるように原因不明の辛い出来事が起きた。




せっかく快適に可愛く使っていた赤い赤ちゃん用のイスが使えなくなった。
最初はひとりでも座ってゴハンを楽しく美味しく食べていたのに、
しばらく経った頃、暴れるようになった。
最初は母が背中側から支えてキープする時間の間。
それが食べ終わってからになった。
そして食べてる最中に、と暴れる(嫌がる)のが早くなった。
ゴハンの時間が大好きなのに、食べ終わってないゴハンをひっくり返すようになった。




ただ体勢が気に入らないのだろうと思っていたのは違った。




きちんと調べていないので正確な事は解らないけど、苦しかったのだ。
赤いイスの上で、とお腹を直立に母が抱っこした時、の2回ほど
酸欠状態になり逝きかけた。
手脚を突っ張り、口の中、舌が紫になり、呼吸が止まりかけた。
この時以来赤いイスが登場する事はなくなった。




立たせられないのなら寝たまんま、頭を高く傾斜を付けて食べさせた。
斜めに傾斜のついてるお昼寝マットに更にクッションで上半身を高く。
流動食は更に軟らかく、シャバシャバに水っぽく。そして少量で。
何度か成功したが、いきなり食べてる最中に苦しがりまたチアノーゼ。




立たせて食べてチアノーゼ。
寝かせて食べて誤飲。
究極の食事の選択って訳。

ゴハンを食べなければ生きていけない。
でもゴハンを食べさせるのが怖くなった。





何人かの獣医師にその要因を聞いてみたところ、
伸びきってる食道に食べ物が入り、それが肺を圧迫?
食道が大きくなってるところに血管を巻き込んでいて、
食べる事によって症状が出る?
心臓が悪く、嫌がる事によって興奮状態になり酸欠?
どれも確信がある訳ではないし調べてはいないけど、
心臓以外は治す薬も方法もない。
心臓だとしたら嫌がったり興奮状態にならなければいい。
とにかくゴハンを食べる事、胃まで運んで吐かないのが最優先!




色々やってみたさー。
世話人とふたりで、あーでもない、こーでもないって話したさー。
その間もムッチは食べては吐きの繰り返し。




ムッチ専用のお食事ベッドを作ろうと考え付いた。
寝かせたまんまベッドごと傾斜を付ける。
お布団ではやってたけど、軟らかくて胴体がぐにゃ〜って曲がっちゃう。
少し窮屈目の大きさでゴハンが流れるまではベッドにいてもらう。



で、母はホームセンターに走り材料を調達。(昨日)





     IMG_2527.jpg





さあ、急いで組み立てようと板を並べたところ…
「ん?」
違和感を覚えた。
コレ、何かに似てる。


「あぁー、コレ棺桶だ! ヤバイ、ヤバイ!」


世話人とふたりで大騒ぎ。
コレを作る訳にはいかない。
急いでたけど、急遽ニスを塗って色付け開始。




     IMG_2531.jpg




そして今日、ニスが乾いてやっと組み立てに入った。




     IMG_2556.jpg




そしてできた!




     IMG_2558.jpg




今まで乗ってたお昼寝マットを入れたらぴったり!




     IMG_2563.jpg




早速、試しにゴハンタイム。




   IMG_2567.jpg   IMG_2568.jpg   IMG_2569.jpg




写真では解りづらいけど、かなり傾斜を付けている。
問題なく食べられるしムッチも苦しくなさそう。
ゴハンが胃まで流れてくれるまで斜めをキープ。
初日は上手くいった。
ムッチは違和感がないみたいで、そのまんまお昼寝しちゃった。




     IMG_2571.jpg




次から次へと問題が出てきて、その度にショックを受けて凹んでしまう。
先が見えなくてお手上げ状態になったり、イラついてモノに当たったり。
それでも前に進まなきゃって動き始める。
ムッチが母を導いてくれてる気がする。

だから頑張る!

posted by でめきんとと at 01:36| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

ムッチ、9回目のウチの子記念日♪






     DSCF0231_sh01.JPG 2006.9.8




上の写真は9年前の今日、ムッチがでめ家に到着して車から降りた直後。
ちっこをさせようとウロウロするも出ず。
この後どうにもちっこができなくて大変だったのを思い出すな〜。
外の世界を知らず、リードもカラーも解らなくて外が怖かったに違いない。




     DSCF0004.JPG




外に出たらいつもドキドキだったんだよね。
頼れるのはかーちゃんと世話人だけ。
おっきな赤ちゃんみたいだったね。





初めておもちゃをあげたらどうして良いか解らずウロウロ。
他の子の分までいくつも咥えちゃって欲張りだったね。




     DSCF8157.JPG




おとなしいムッチだと思ってたら、こっそりイタズラなんかもしちゃって。
これを見た時は本当に嬉しかった。




 DSCF0024.JPG  DSCF0057.JPG




そんな純粋で赤ちゃんのような心を持ったムッチ。
今日ででめ家の一員になって丸9年。


正直に言うね。
かーちゃんは9年前、5歳のムッチを迎える事をすんごく悩んだの。
誰もが思うかなー、かーちゃんだけかなー?
ムッチが来る半年前に最愛のサンタを見送りかなりやられちゃってた。
見送る事はできるだけ遠くに先延ばししたいって思ってた。
だから大きく(オトナに)なっていたムッチを迎えたら、
バイバイが早いんじゃないかと数えちゃってね。



     
     DSCF2407a.jpg



この4ゴルの中で一番年上のムッチ。
ムッチはかーちゃんと一緒にみんなを送って来たね。
かーちゃんがどん底にいる時、いつもムッチが傍にいてくれたね。
ありがとう。
今のか―ちゃんの願いは来年10回目のウチの子記念日をお祝いしたいって事。
頼むね、むーさん!






前回のブログからまた時間が経っちゃったけど、ムッチの具合はイマイチ。
誤嚥性の肺炎は良くなったものの調子が良さそうに見えない。
吐き戻しをしない日はない。
8月の末頃、何か隠れてる病気があるのでは?と思い、もう一度検査をした。
今度は膵炎!
そして膵炎の治療が始まった。
特発性膵炎はこれといった原因が解らず、これといった特効薬もない。
じゃぁどうすればいいのか?
入院して点滴。
コレしかないらしい。




なーのーでー




     image5.jpg




獣医師の指示、協力の元、自宅で治療。
ムッチは恐らく病院のケージには入れない。
最低でも1週間、治りが悪ければ1ヶ月にも及ぶという入院治療には耐えられない。
それにムッチは巨大食道症を発症していて、食事には時間と手間がかかる。
準備するのにもフードふやかしたり、流動食にしたり、お腹を垂直にして食べさせて
食べた後もその姿勢をキープしたり。
絶対ひとり付きっきりになるし、そんな面倒な事病院でやるかなー?
母の勝手な想像だけど、その食事を病院でカバーしてくれるのか?が不安。





     image7.jpg




だから世話人とふたりで24時間体制の完全看護。
サンタが使ってた「キョロちゃん鈴」をムッチの手首に着けて、
チリンって鳴ったら飛んでいく、飛び起きる。




     image1.jpg




オムツじじぃも復活!




     image2.jpg




一緒に暮らしたみんなを見送って、今ムッチはまこたまに見守られてる。
まこたまはムッチが大好き。




 image3.jpg image1 (2).jpg





まだまだガキんちょふたりの指導をしてくれなくちゃ。
じーちゃんだから回復も遅いらしいけど、まだまだヤル気のムッチ。
ゆっくり焦らず復活目指そうね。




     image4.jpg



posted by でめきんとと at 19:15| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

巨大食道症(食道拡張症)の再発




前回の記事から1ヶ月近くも放置してしまった。(>_<)
実は14歳のお誕生日を迎えた直後から体調を崩してしまったムッチ。
すぐに良くなるだろうと思ってたのだがちょっと甘かった!




     IMG_2121.jpg


↑苦しそうに見えるけど、少しでも頭の方を高く。




お誕生日の翌週にWoofに連れて行った。
母のスタジオの毎年恒例の大きなイベントの後だったので、
ムッチにはプレゼントで気分転換のテケテケを。
まこたまにもいっぱいガマンさせちゃったしね。
いっぱい遊んだ帰り道、SAで晩ごはんを食べて一休みの予定だった。
そのごはんがムッチは上手く食べられなかったみたいで…。
それがきっかけ。
でも今思えばその前から少しづつ症状は出ていた。
頻繁に吐き戻しがあったり、吐けなくて苦しそうだったり。
高めのテーブルを用意したりして対処はしてきたのだが…。
翌日朝一番で病院へ。
まさかの再発だった。
2年前に診断された「巨大食道症」
今回は2年前のレントゲンよりも食道が大きくなっていた。
すぐにでも治療をしたいけれど、食道にはこれといった治療がないらしい。
とにかく吐かないように、吐かせないように。
(実際は嘔吐ではなく胃にまで到達してないので吐しゃ。)





 IMG_2156.jpg IMG_2264.jpg




ムッチの看病に専念するために2年前の時はまことを、
1月の前庭の時はまこたまをまことのお里にお願いしてきたけど、
ふたりとももう2歳になったんだもの、きっと一緒に頑張れる。
それに、ふたりともにーたんから離れようとしない。
具合が悪くなって2,3日はお散歩さえ拒否した。




   IMG_2186.jpg   IMG_2149.jpg





幸いムッチは食欲はバッチリ!まだまだイケる!
でもフードは軟らかく流動食に、量を少なく小分けして。
食べる姿勢はお腹を直立、食後は最低でも15分体勢をキープする。
世話人と二人三脚で食事に30分。




     IMG_2161.jpg





そして5日後、呼吸の音が変った。咳が酷くなった。
恐れていた「誤嚥性肺炎」を引き起こしてしまった。
肺炎の治療を優先する事になった。
ますます食事の体勢、時間が重要になった。
薬をしっかり胃に届け、腸で吸収させなくては!
実はコレが人間にもムッチにもストレスなのだ。
怖がりで神経質なムッチ、ヘソ天なんて無理だしカラダを委ねる事ができない。
直立の食事も15分のキープも汗だくの格闘技!
でもでも食べさせなければ!お薬を飲ませなければ!




考えて考えて↓コレ。




     IMG_2192.jpg




赤ちゃんがお座りをするイス。
ウレタンでできててお尻さえ入れば安定するはず!




     IMG_2197.jpg   IMG_2206.jpg




ほれ、うまくいった!(^^ゞ




動画もあるよ〜。




     




毎日暑いからスイカもジュースにして。




     




お尻が安定しててもやっぱり15分は長い!
5分過ぎたあたりで「こんなチカラどこにしまってた!?」ってくらい、
すっごいパワーで暴れるの!
背中で押さえてる母なんて何度後頭部で頭突きされたか。
今のところ、世話人とふたりでなんとか格闘してるけど、
もし「もうムリ!」ってなったら専用のイス「ベイリーチェア」を
作ろうと計画してるの。




     IMG_2174.jpg もらってきた画像「ベイリーチェア」



ムッチのカラダに合わせてぴったんこに作る必要があるけど、その時は頑張る!
ムッチはまだまだうまうま食べたいんだもの。
少しでもムッチの食道が小さくなって今よりもラクになったら良し!
ゆっくり頑張ります。




↓先天性の巨大食道症の子。素晴らしい食事風景なのよ。


     


posted by でめきんとと at 01:00| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

ムッチが14歳になりました!






     image3.jpg




「ムッチ、お誕生日おめでとう!!!」





7月15日、めでたく無事にムッチが14歳のお誕生日を迎えました。
またもやこの日が近づいて来るともうドキドキ、ソワソワで大変!
母も世話人も頭では数えているくせに、なるべく口に出さないように、
気にしないように平然としてる。(フリをしてる。)




でも、15日は違う。
朝から大声で歌って、訳もなく名前呼んではしゃいで大騒ぎ!(^^ゞ
だってー、エライよムッチ。
半年前には3週間も寝たきりで母も世話人も覚悟した時だってあるもん。




     IMGP3827.jpg





兄弟のティム君も一緒に14歳になれた!
遠くに住んでるから一緒にお祝いする事はできないけど、
きっと気持ちは繋がってる!
本当に嬉しい。
「ティム君、おめでとう!!!」





     11059593_1608172539442456_3554470880702503514_n.jpg







世話人が数週間前から構想を練って作ってくれた特別なバースデーケーキ。
この季節はイチゴが手に入らなくて苦労した。
近所のスーパーで相談して、予約して買ったアメリカ産。
おかげでとっても可愛いケーキを用意してあげられた。
幸せだね、ムッチ。




     IMGP3816.jpg





母からのプレゼントは赤いちゃんちゃんこ風ハーネス。
必需品だしね。




     image2.jpg





晩ゴハンはちょっとだけご馳走。
便乗してまこたまもちょっとだけトッピング多め。




   image5.jpg   image6.jpg




楽しみで不安だった誕生日は無事に終わった。





実はこの1ヶ月半ほどの短い期間で身近なゴルさんお友達ゴルさんが
立て続けに8頭お星さまになってしまった。
母は今まで生きてきて、こんなにお別れの続く辛い日々はなかった。
そんな中、刻々と近づいて来るムッチのお誕生日。
不安で、怖くて、そしてなんだか申し訳ないとさえ思った。
みんなごめんね。
ムッチが生きててごめんね。
ムッチがお誕生日迎えてごめんね。
2度もお空に連れて行かれそうになって、それでも今生きてる。
なんだかウソつきみたいでごめんねって思ってしまった。




でも、ムッチは生きてる。
まんまるでキラキラした目(本当は良く見えてないけど)で母を見てる。
ムッチがこの年齢まで頑張ってる事に母が誇りを持たなきゃ!
お空でお星さまになった子達の分までヨタヨタでも頑張らなきゃ!
母はそのためにも傍で見守りサポートしなきゃ!
みんな、ムッチはもうちょっと頑張るから。
来年も特別なケーキを食べたいって言うから母も頑張るから。
どうか優しく見守っていて下さいね。









今日のケーキをほお張るムッチの動画を撮ってみました。
ちょっと長くて突っ込みどころ満載なじーちゃんのオトナ食い。
52秒のあたりが笑えますよ〜。(^^ゞ


     




posted by でめきんとと at 23:57| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

スノバニっ子の集い in Woof






     20150419_115457.jpg







先日19日(日)の事。
むーさん、13年ぶりの感動の兄弟再会!
山中湖Woofでいっぱいの白いゴルさんと遊んできた!





12歳の時、ひょんな事から胴胎の兄弟に見つけてもらう事ができた。
遠いところに住んでいて普段会う事はできないけど、
ネットの世界であれこれお互いの事を話すうちに、
13年も離れていてもヤル事なす事あまりにも似ている事に驚いた。
神経質な所や性格、それにダサいところ。(笑)
解れば解るほど逢ってみたくなる。
元気なうちに突撃しようと考えていたところでムッチが倒れた。
もう再会は無理かと諦めかけていた時に来てくれるとのお話が!
今を逃したらもう再会のチャンスはないかもしれない!
そこで、せっかくなので兄弟姉妹達にもお知らせさせてもらった。
同じお父さん、お母さんから生まれた2001年、2005年、2006年生まれの
3世代の白ゴルが集結。
もうねー、笑っちゃうくらい世代が違ってもお顔も性格も良く似てたの。(^^ゞ






でめ家はガキんちょまこたまがいるので、朝一番から遊ばせる為に前乗り。
穏やかな白ゴルさん達に迷惑だもんねー、疲れてもらわねば!




     IMGP3526.jpg   IMGP3528.jpg




母達のウキウキが伝わっちゃったみたいで、朝5:30から起こされた!
で、ごまかしごまかし時間を稼いで誰もいないランでボール遊びよ。
朝7時よー。(>_<)
9:00からプールでも泳がせて疲れさせる計画だったけど…
疲れ知らずな2歳児、計画は失敗!ち〜ん。(>_<)




ほどなく兄弟達がぞくぞく登場。
逢いたかったムッチの兄弟ティム君も登場。
どんな再会になるんだろ?
どんな感動が待ってるんだろ?
ワクワクドキドキ想像してたけど…



     IMGP3547.jpg   IMGP3551.jpg




↑こんな感じ。(^^ゞ
やっぱりね。これも「血」か。



ムッチの兄弟、ティム君。
どう?そっくりでしょ?



     IMGP3639.jpg   IMGP3626.jpg




並べてみたけど、↓こんな感じ。
やっぱりお互い感動なし。そっぽ向いてるし。(^^ゞ



 IMGP3567.jpg IMGP3571.jpg




お揃いのハーネス着せちゃったから、誰もがどっちがどっち?って困ってた。(^^ゞ
母はそんな様子も楽しかったなー。




そして不機嫌な顔してるけど、集合写真。
不機嫌に見えるけど、これも「血」
これでもみんなそれなりに楽しんでる。(と思ふ。)
写真はいただきもの、母のカメラが突然アレでアレだったから…。(^^ゞ
J父、使わせてもらいました。ありがとー!




     20150419_115633.jpg 





兄弟との再会は年齢的に最初で最後かな?なんて考えてたけど、
テケテケ楽しそうに散策するふたりを見てたらどんどん欲が出てくる。
もう一度、また逢いたいって思っちゃう。
実現できるようにまだまだ元気でいておくれ。




↓こんな風に顔を寄せてお話するほのぼのなふたりをまた見たい。
 この写真ももらいもの。J父ありがとー!




     11170356_687038411419116_2542072980175181945_n.jpg 







最後にティム君の歩く姿。
テケテケ具合も歩き方もムッチと良く似てるの。











スノバニっ子の集いに来て下さった兄弟姉妹のみなさん。
ありがとうございました。
夢がかなって感無量のでめ家です。

posted by でめきんとと at 18:27| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

テケテケのリハビリ♪






3月5日(木)の事。
お天気も良いし、ちょうど御用もあったしって事で、むーさんのリハビリへ。




せっかく復活してきて歩く練習したくても、ムッチは敷地から出ない。
トイレのためだけしか外には出てくれないの。(>_<)
ならば!
外の空気も必要だし、少しづつお出かけの練習もしたいしね。






     





まだちょっと危なっかしいけど、しっかりひとりで歩けてる。
傾きもずいぶん目立たなくなってきてる。
スゴイな、ムッチは!
母はムッチからいっぱい勇気と感動をもらってる。



「ありがとう。」



posted by でめきんとと at 02:02| Monsieur(ムッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。