2012年12月16日

キリの病気 B




病院から帰ってからは、疲れたようでキリはぐったりしていた。
何か食べさせなければと焦り、次々に差し出すがことごとく拒否。
シュークリーム、プリン、茶碗蒸し、ヤギミルク、ソフトクリーム、
バナナジュース、ハーゲンダッツ…。
姉のももんがが用意してくれたお口の中に塗るチューブに入った
高カロリーのサプリを仕方なく少しだけ塗った。
だってカロリー摂らなきゃ生きてけないじゃん。
ところがまたもや母が作ったフードの離乳食もどきだけは
少しだけチュバチュバしてくれた。ほんの少しだけ。
お水だけは良く飲んでくれた。
肝臓の数値が悪くなってからは病院で勧められた水素水を飲ませていた。




   DSCF6206.jpg 11月24日のキリ。





お水は飲むのに、この日は病院から帰ってからはちっこが1度も出ない。
何度かお外にサポートして連れて行くのだが、出ないし立っていられない。
1時間後に・・・
また1時間後に・・・
さらに2時間後・・・
どんどん時間だけが過ぎてとうとう夜になった。
いい加減焦ってでめ家の主治医に相談した。



@ただ歩けない、立っていられないだけなら寝たままでもする。
A腹水が溜まってきているようなら膀胱に尿はないかも。
 そしたらちっこは出ない。
B尿道、尿管に何かが詰まっている可能性もある。(転移?)



@の場合、膀胱を手のひらで包み込むようにして押してちっこを出す事も
できるのだが、キリの場合は危険が伴う。
腫れてる肝臓、転移してる膀胱が破裂する可能性がある。
ABは病院に行ってエコーで確認する必要がある。
お抱えの病院がないでめ家、こんな時は困る。
調べた結果、夜中に診てくれる救急病院は片道1時間の距離。
キリの負担を考え、世話人とふたり悩みに悩んだ。
結果、@であって欲しいと願い、キリに任せ寝たままでもしてくれる事を望んだ。
そしてもし、朝まで出なければ朝一番で病院へ駆け込むことに決めた。





   2012-12-09 01.41.16.jpg



キリさん、旅立つ5時間前の写真。穏やかです。
世話人との交代の仮眠も連日続き、ふたり一緒にウトウトする事も。
苦しむ事も辛そうにしてる事もなく、キリは母達に睡眠をくれる。
この夜も数時間寝かせてくれた。
そして明るくなる頃。
先に目を覚ました世話人が言うには、ソファで寝ている母を何度も首を上げて
ちょこちょこと見ていたらしい。
「母ちゃん、まだ寝ているのか…」と確認していたようだ。
世話人と交代で歯を磨き、コーヒーを飲んで落ち着いた頃その時を迎えた。




どう表現したらいいのか、難しい。
キリの呼吸は相変わらず落ち着いていた。
でも少しだけ、ほんの少しだけ呼吸の方法が変わった。
呼吸を整えてるような、深呼吸のような。
「もしかして・・・」



呼吸が荒くなる事も、手足を突っ張る事も、形相が変わる事もなかった。
キリは誰よりも上手に、可愛いまま、痛がったり苦しむ事もなく逝った。
21時間出なかったちっこを上手に出してくれた。
キリはスゴイ子。
キリはエライ子。
キリは強い子。
キリは優しい子。
母はあなたのような子は見た事ありませんよ。




こんな写真を載せるのはどうかと思ったけど、見て欲しいと思う。
キリが苦しまず穏やかに幸せなまま旅立ったお顔。


   2012-12-09 15.31.13.jpg 2012-12-10 12.13.22.jpg






キリを失った事はとても悲しいし、寂しい。
病気が憎いし、なんでキリが選ばれたのか理解できない。
せめて治療が有効な病気であれば、今キリはココにいて笑っていてくれるはず。
この病気の名前を知らされて余命は約3ヶ月と聞いた。
腫瘍に一番悪いのは強いストレスと聞く。
母なりに考えてみた。
ラン母さんの突然の旅立ちがキリには大きなストレスだったに違いない。
母が病気に気づいた時には余命はほとんど使い果たしていたのだろう。
そう考えれば、4ヶ月前の大きなストレスと余命はつじつまが合う。
キリは余命以上に頑張ったのではないか。
あくまでも母の想像でしかない。



   2012-12-11 13.34.27.jpg





今、キリのお骨はお友達からいただいたいっぱいのお花に囲まれて穏やかです。
今頃はラン母さんのおちりを抱えて満足して寝ている事でしょう。
ずいぶん寒くなってきたからラン母さんのおちりがあったかいね。
ひとりになって抱えるおちりがなかったもんね。



   2012-12-16 00.04.20.jpg









   2012-12-12 11.19.34.jpg



ひとりになってしまったムッチが心配。
一番の年長者のムッチは茶色の母娘に頼りきっていた。
4ヶ月前に亡くなったラン母さん。
冷たくなったラン母さんには、近づこうとしなければ見る事もできなかった。
キリの場合も同じ。絶対見ないし、近づかない。サヨナラも言えなかった。
ムッチなりに感じ、思う事があるのだろう。
ムッチをケアしていかなければと思う。
もう寂しい想いをするのは耐えられない。






   





posted by でめきんとと at 02:07| kiri | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。