2012年05月14日

「迷子のケンタ」無事帰還!



5月10日に保護して本日5日目。
今日になって事態は急展開!

飼い主さんが現れましたーーーっ!!!

午前11時半、突然母のケータイに保健所から電話が入りました。
飼い主さんらしき人が出てきたので連絡先を教えていいものか?
と、いう確認でした。
すぐに飼い主さんらしき方から連絡があり、間もなくわんこものに。
わんこものはコンビニやファミレスだけでなく、保健所、警察署が目と鼻の先。
数分で到着するのです。
ちょうどケンタを世話人がおトイレさせていた時なので、いきなり
現れた飼い主さんにケンタは超・超・超・超・超大喜び。
どう見ても本当の飼い主さん(男性)でした。
首輪や切れたワイヤーロープも一致していました。


ケンタの本当の名前は「パピィ」
去年の1月生まれの1歳4ヶ月。
発見した場所からおウチは近いようです。
昨日ブログで書いたとおり、やはりチワワが入ってるそうです。


長期戦になる心構えはできてたけど、あまりにもあっけなくて…。
こんな急展開は予想してなかった。
あ、でも悲しいとかではないですよ。おウチに帰れるのが1番だもん!
昨日、ラン母さんの検査があったのでケンタのフィラリアの検査を
したばかりでした。
3ゴルと一緒にお薬を飲もうって決めたばかりでした。
お洋服も着替えが必要と思って追加製作したばかりでした。
リードとハーネス、カラーも姉のももんがが用意してくれたばかり。
やらかしちゃうトイレも教え始めたところ。
各方面、ショップ、レストラン、チラシをお願いに回り始めたところ。


  あれれれれれれれれれぇぇぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜?


なんだか変な気持ちですが、これも少ししたら治るでしょう。
本当の飼い主さん、お父さんが一番なんですから!
ケンタ、もっといっぱい、いっぱい、たくさん可愛がってもらうんだよ!



色々ご心配下さったみなさま、本当にありがとうございました。















と、ここまで書いて、みなさん気になってる事ありますよね?
ブログで書くのはどうかと思ったのですが、書きます。


外飼い疑惑のあったケンタですが… はい、お外で飼われていました。
毛が汚れててベタベタ…これも外に繋がれてたからです。
運良く、昨日検査したフィラリアは陰性でしたが、去年検査はしてないし
お薬もあげてないと。


ワンコを飼われている環境や事情はさまざまです。
こんな飼い方はダメ!なんて言えません。
自分の飼い方を押し付ける事もしません。
でも…
どんな環境にいたって、どんな飼い方してたって、どんな人間に
どんな扱いされてたってワンコにとっては飼い主さんが一番の、
サイコーのパートナーなんです。
今日、飼い主さんの車が駐車場に入ってきたのを見たケンタを見たら、
なんとも言いようのない気持ちになりました。


母も世話人も少しイヤなヤツになりました。
言わせてもらいました。

まず外飼いの件。
3ゴルを引き合いに出して「大きさの問題だけではない!」と。
これは奥さんが「臭い」と言うからだそうです。
それで外に繋がれたまんまだったのでしょう。
だとしたら汚れ具合は納得できます。
ケンタはわんこものでお風呂に入りキレイになりました。
コーミングしてケンタと同じくらいの大きさのアンダー(死毛)も取れました。
もう匂いません。
匂わなければ、キレイにしていればいいのでは?
お風呂もドライヤーもイイ子でやらせるからお風呂に入れて下さい、と
お願いしました。
可愛くて、頭も良いケンタです。
おトイレだってこれから覚えられます。教えてあげて下さい、とお願いしました。
それから痩せている件。
もう少しゴハンを食べてちょっと太った方が…とやんわり。
オヤツも3ゴルと何でも食べていて、どれもすごく好きそうだと伝えました。
飼い主さんは痩せていると言われた事に驚いていました。
どの程度の量のゴハンが適量なのかを理解していない様子でした。



ワンコの事、学習して欲しいなぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。(-_-;)




臭いもなくなって可愛くキレイになったケンタ。
手入れをちゃんとしてあげて、おトイレを覚えれば一緒におウチの中で
過ごせるって事を理解してくれたらいいのだけど。
人間(飼い主)次第で良くも悪くも変わります。
どうか「パピィくん」元気で可愛がってもらうんだよーーーーーー!




本当にお騒がせいたしました。






posted by でめきんとと at 17:42| Comment(18) | ワンコの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なにはともあれ...よかった!

何をかくそう、我が家もLUKEが来た時
ダンナは 「犬臭い部屋でメシが食えるか!」 とタイヘンでした。
一緒に暮らすうちに愛情が湧いて 
にくきうの二ホイまでも香ばしいカホリに変化したようです^^。
パピィのママさんも我が家のダンナのように変わってくれますように!
Posted by Kanko at 2012年05月14日 18:28
飼い主さん見つかって良かったです
わんこものに保護されたのをきっかけに
家の中で暮らせるようになるといいね
3ゴルと仲良くなったので たまには連れて来て下さいって言っったら?
そしたらお家で一緒に暮らすための
いろんなアドバイスもできるし相談にも乗れるよね^^
この脱走をきっかけに お家で暮らせますように!

でめさんと世話人さんの行動力と優しさ 尊敬します 

Posted by lesca at 2012年05月14日 19:54
飼い主さん、現れて本当に良かったです。
が・・・でめととさんのお気持ち、良くわかります。飼い主さんがやっぱり大好きで、大喜びしたパピィちゃん・・・でも、私の勝手な思いですが、でめととさん家に居た方が・・・なんて・・・
お外飼いなんて、可哀想です。
それも臭いなんて・・・
読ませて頂き、複雑な、そして、考えさせられる問題です。
でめととさん、世話人さん、本当にお疲れ様です
お二人の愛を感じました。
Posted by パウダー at 2012年05月14日 20:00
ワンコにとっては 飼い主さんと一緒なのが一番!のハズなのですが・・・・・。それも再会した時の喜び方からすると大好きなんでしょうしねェ。。
我が家の近所でも 最近赤ちゃんが産まれたお家があって 今まで屋内で一緒に暮らしていたゴールデンがお外に!! 屋根もつけて貰って、ちょっと良い空間を作って貰ってはいる様なのですけど 何だか寂しそうでたまりません。。。ほんの少しの間だけならいいのですけど〜〜ご主人がとても可愛がってはったから 多分大丈夫だとは思うのですが 何だか気になっております。
まだ1歳過ぎの 元気一杯の甘えたゴル君なので
ヤンチャ顔が寂しい目をしてると泣きたい気分になります。。。

飼い方其々、愛し方其々なんですけどねェ〜〜
ため息。。
Posted by メロディー母 at 2012年05月14日 23:45
まずは飼い主さんの元へ帰れて
本当に良かったんでしょうけど
でめととさんの精一杯のアドバイスが
飼い主さんの心に届いてくれたらいいな〜〜
そうじゃないとパピィくんが可哀想だもん
Posted by ゆりっち♪ at 2012年05月15日 00:40
読ませていただいていて、もしかしたら
神様(みたいなものがいるとしたら)が
パピイ君をでめさんちに連れてきてくれ
たのは、パピイ君のこれからの為だった
のかも?とか思いました。
とにかく良かった。
お疲れ様でした。
Posted by 莞太まま at 2012年05月15日 01:07
飼い主さん見つかってよかったけど、なんかモヤモヤしちゃいますね。。。
動物を臭いって思う人が、なんで買ったのかな?って思っちゃいます。

お座敷犬への昇格はなさそうだけど、フィラリア予防とワクチン接種は絶対にやってあげて欲しいですね。

Posted by ユリ姉 at 2012年05月15日 09:24
同じくもやもや〜

人それぞれだけど
個人的には嫌です

わんこは飼い主が選べないとうちの母が
だから責任持って飼わないとダメだよ

と、寅ちゃんを家族に迎えた時に
散々言われました

でも本当にその通り

あーーーーーーーっ
ってすみませんでした

パピイちゃんにとっては
幸せなんだろうけどね〜

う〜ん
やっぱりもやもや〜

失礼いたしました
Posted by とん汁 at 2012年05月15日 12:37
●Kankoさん
ありがとうございます。ご心配おかけしました。
旦那さま、最初王子の事そんな風に???
ビックリです。王子にぞっこんでしたものね。
ケンタのお母さんもそうなって欲しいなぁ〜。
昨日の夜から雨が降ったり止んだりしてます。
おうちの中に入れてもらえてるのだろうか?
それがすっごく気になってます。
Posted by でめきんとと at 2012年05月15日 18:34
●lescaさん
ありがとうございます。ご心配おかけしました。
ケンタはウチの子じゃないのですし、自分のお家に
帰れたのですから喜ばしい事。
言わなくちゃ!と思ってた事は言わせてもらいました。
ケンタのお父さんは「今度はこっち方面(わんこもの)に
お散歩に来てみような。」とケンタに言ってました。
雨がしとしと降っています。
おウチの中へ、ダメならせめて玄関内に入れて
もらえてたらいいのですが…
Posted by でめきんとと at 2012年05月15日 18:38
●パウダーさん
飼い主さんが見つかって自分のお家に帰れたのですから
私がとやかく言う事じゃないのは解っているのですが…。
元気で可愛くて人懐こくて…こんな子を雨の中、風の中、
ずーっと外に置いておいたなんて。
私から見たら違う飼い方もあるだろーにと思うのですが、
ケンタは他を知らない、お父さんしか見えない。
ただただ切ないです。
Posted by でめきんとと at 2012年05月15日 18:42
●メロディー母さま
そのゴルちゃんも切ないですね。
でも赤ちゃんが出来てからお外に出されちゃったっていう話
結構良く聞きますよね。
とってもおめでたい話なのですが、ゴルちゃんはきっと
自分の頭の中では理解できない事でしょうね。
可愛がってあげてない訳ではない…それぞれなんですよね。
だから私や私の周りの方の犬の可愛がり方を「異常」だと
いう人もいない訳ではありません。
ワンコの事を考え、自分がそうしたいからする!
ただただそれだけなんですけどね。
はぁ〜〜〜、切ないです。(私もため息)
Posted by でめきんとと at 2012年05月15日 20:16
●ゆりっち♪さん
飼い主さん、可愛がってない訳ではないのだと思うんです。
ただ犬の事を知らなすぎます。
知らなかったら知ろうと思って欲しいんです。
ゴハンもお風呂も散歩も、楽しい、悲しい、寂しいという
感情も、生きてる事も全て人間と同じなんですもの。
「犬」だからって考えはおかしいと思うんです。
Posted by でめきんとと at 2012年05月15日 20:20
●莞太ままさん
飼い主さんが少しでも私達の言う事を理解してくれて
ケンタが楽しくお父さんの傍ですごせるようになって
くれたらそれでいいんです。
お家に戻ってもまたワイヤーで繋がれたら…。
それがとっても心配。(-_-;)
もしまた逃げてきたら次も保護します。
そして隠します!(^^ゞ
Posted by でめきんとと at 2012年05月15日 20:23
●ユリ姉さん
やっぱりもやもや残りますよねー。
ユリ君やウチの3ゴルのようなデカワンコが家の中に
もそもそいる事なんて考えられないんだと思います。
外で飼うのが前提であれば、なんでチビチビワンコ?
それでもケンタは強い子です!
日本の中でもめちゃめちゃ暑いでめ地方、実は冬も寒いのです。
その厳しい環境で夏、冬を1回づつ越しました。
お座敷犬への昇格、恐らく望みは薄いでしょうけど、
最低限のケアはしてあげて欲しいと願います。
Posted by でめきんとと at 2012年05月15日 20:28
●とん汁さん
さすが、とん汁さんのお母さま!!!
でも本当ですよね、子供とおんなじですもの。
自分で親や飼い主、住むお家、環境を選べないんですもの。
迎えたら最後まで一生懸命可愛がって最期の時を見届ける!
これが迎えた者、命を預かった者の責任です。
ケンタはお父さんが大好きな様子でした。
ケンタにはお父さんしかいないんですから、
慕われてる事をしっかり自覚して責任を持って欲しいです。
1日経ってもまだまだ私ももやもやしてます。
Posted by でめきんとと at 2012年05月15日 20:32
お迎えに来て、でめさんのお話を聞いて、
綺麗になったケンタ君を見たら、当然待遇
が変わったはずと思ってしまった私は甘い
のでしょうか??

長崎の盲導犬アトム君の例もありますし・・・
また逃げてきたら、もう隠してしまいまし
ょう!日本にもアニマルポリスが必要です
ね。
Posted by 莞太まま at 2012年05月16日 02:19
●莞太ままさん
人の気持ちはすぐには変えることはできないのでしょうね。
悲しい事ですが…。
自分はワンコが大好きで、同じ気持ちでいる人でも
飼い方や接し方はひとそれぞれ。
私の気持ちを押し付けるような事になっちゃうのかな?

もし今度逃げてきたらコソコソと隠します!
Posted by でめきんとと at 2012年05月17日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。